私、速く走れないんです…→それ、当たり前ですよ!?実にシンプルな2つの理由

このブログは、

「速く走れるようになりたい」

「走るのが苦手」

そんな方たちにお届けします。

 

こんにちは!SeedsAPPの暑苦しい担当、伊藤です!

今回は、速く走れない理由について、

実にシンプルに解説し、解決していく方法を伝授したいと思います。

 

「自分は走るのが遅い」

「速く走れるようになれない」

 

という言葉をよく耳にします。

 

走ることはスポーツの基本ですので、

速く走ることができないというのは、スポーツをする上で

かなりコンプレックスになってしまいがちです。

 

では、なぜ「速く走れない」のでしょうか。

 

才能?いえいえ、決してそんなことはありません。

 

実はとてもシンプルな理由が2つあるのです。

 

それは何かというと…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「走り方を教わっていない」

「自分の動きが把握できていない」

 

この2つです。

当然のことのように感じるかもしれませんが、

スポーツと教科学習の大きく異なる点がコレです。

 

学校では、それぞれの教科の授業で、

計算方法や文法、社会の仕組みや植物の成長など、

身につけるべき内容が具体的になっています。

単元ごとに分けられたこれらの内容を教わって練習をしていくことにより、

個人差はあれど、だんだんと身についてくるものですよね。

 

ところが、

速く走る方法を、しっかり教えてもらった記憶

って、ない方がほとんどではないでしょうか。

 

盲点ですよね~、速く走ることが苦手な理由が、

実は「教わったことがないから」なんて理由(笑)

 

学校の授業では、速く走れるようになることも、

一応目標に入っていますが、あまり教えられることはありません。

(理由は様々ありますが、ここでは省略します。別のブログで書くかも?)

「はい、走って!」と言われれば、走ることはできますよね?

人間の発達段階いおいて、自然と「走れる」ようになっているからこそ、

学校で「走り方」をあえて学ぶ機会と言うのは、

そもそも少ないのが事実です。

球技を通じて空間の作り方を学んだり、

器械体操を通じて身体の調節力を学んだりもそうですが、

体育の授業の中で身体を動かす(運動する)時間を確保して、

子どもたちの体力を向上させることが大きな目的

となっているからです。

学習指導要領でも大きな目的の一つとして定められていますからね。

 

なので、

教えてもらったことがないんだから、

「今は」速く走れなくて当たり前なんだ!

 

と、今日から自信を持って開き直ってください。(笑)

難しいことは抜きにして、速く走れるようになりたい!

という人はコチラのリンクをクリック↓

速く走りたいならココを鍛えろ!中1男子が故障期間の3ヶ月で100m走の記録を2秒更新した驚きのトレーニング

 

では次に、

「自分の動きが把握できていない」

とはどういう事でしょうか。

 

これは、1つ目の理由と繋がる部分もあります。

学年全員の身体の成長・発達具合を同じと想定したとしても、

走るのが速い人とそうでない人では、

走る際のフォームは明らかに違います

 

自分がどんな走り方をしているのか、

どこを直さなければいけないのかを把握していなければ、

改善することは難しいですよね。

 

勉強でも、何がわかっていて何がわからないのかを

明確にしたうえで勉強することで、理解度が格段に向上しますよね?

それと同じです。つまり、

「脚が速くなりたい」

「速く走れるようになりたい」のであれば、

 

自分がどんな動きをしているのかを把握し、

どう改善していけばよいのかを教えてもらい実行する

ということが必要なのです。

 

他の教科に関しては、

普段の授業や筆記試験で、

苦手とするところは間違いとなり、

「ここを間違えたのか」

「これが苦手なのか」と

苦手をはっきりと目で見ることができますし、

それをもとに具体的な対策をすることができます。

計算が苦手な子がいれば、おはじきなどを使って数える練習から

入ることができますし、

漢字学習が苦手な子がいれば、

なぞり書きをしたり何かの形に当てはめたりして考えたりするなど、

段階に応じた学習方法が取り入れられていることかと思います。

 

ただ、体を動かすことについては、

自分で自分の動きを見たり、そこから

具体的な苦手の要因を把握したりするのは難しいので、

自分の動きを撮影したり、

走り方を指導してもらったりする必要があります。

 

アドバイスや映像をもとに練習をすることで、

自分の動きを改善し、速く走ることができる

ようになってくるのです。

 

いかがでしたか?

「言われてみれば確かにそうだ」

と思ってもらえたら幸いです。

 

走り方を教えてくれる人が身近にいれば、教わってみるのもいいですし、

このブログや今後配信を予定している動画などを通じて、

身につけていってもらえたらとも思います!

今回はここまで!それでは次回をお楽しみに!

英文読解で混乱を回避する”○○”リーディング!

皆さんこんにちは!スタッフの粟野です。

このあいだ鎌倉をお散歩していたら、綺麗なお花を見つけました♪

最近は程よい暖かさで、バラなどもたくさん咲いていて気持ち良いですねー🌹

 

さて、本日は…

これで読める!英文の読み方

をご紹介しましょう♪

 

英文って、見ただけで目を背けたくなる…

という人もいるのではないでしょうか?

短ければまだしも、文字がずらずら並んでいると

気が遠くなりますよね。

一生懸命読んでも、

途中から内容がゴチャゴチャになって

訳がわからなくなったり…。

でも大丈夫!

「スラッシュリーディング」

という方法を使えば、内容を整理しながら、

サクサク読むことができますよ♪

 

さっそく挑戦です!

では以下の英文を見てみましょう。

 

Seeds-kun is a yellow bird with green leaves.

 

ちょっと長くて難しそうですよね…。

でも怖がらずに、前から読んでいきましょう!

あちこち読んでいくと混乱してしまうので、

英文は必ず先頭から読み進めていくと良いですよ♪

 

まずは” Seeds-kun”ですが、これは「シーズくん」のことですね!

ここまで読めた!と思ったら、スラッシュ(斜めの線)

を引きます。

 

Seeds-kun / is a yellow bird with green leaves.

シーズくん

 

その後、is a yellow birdと続きます。

「〜は(1羽の)黄色い鳥です」という

意味が理解できたら、またスラッシュ

を引きましょう!こうして、

英文を意味ごとのかたまりに分割していきます。

 

Seeds-kun / is a yellow bird / with green leaves.

シーズくん/ は黄色い鳥です /

 

withには色々な訳し方がありますが、

「with=何かが一緒にあるイメージ」

を持っておけばOKです!

leavesという単語はあまり見慣れないですよね。

英文を読んでいると、わからない単語

が出てくることもあります。

考えても答えはわからないので、そういうときは

思い切って飛ばしちゃいましょう!

 

Seeds-kun / is a yellow bird / with / green leaves.

シーズくん/は黄色い鳥です/〜がある/緑の??

 

わからない部分はあっても、こうして見ると整理できますよね。

シーズくんは、緑の何かがある黄色い鳥なんだということがわかります。

 

ちなみに、leaves(リーヴス)はleaf(リーフ、葉)の複数形です!

シーズくんの頭から生えている葉っぱのことですね☆

この方法で読んでいけば、

わからない部分を飛ばしてわかる部分から考えたり、

推測したりすることができますね!

混乱しづらくなるので、内容を理解するスピードも速くなりますよ!

長文読解のときにも、とっても役立ちます☆

 

ぜひ皆さんも、この方法で英文に挑戦してみてくださいね♪

算数・数学が好きになるメカニズム~今日からあなたも算数・数学が好きになる!?~

このブログは算数・数学が苦手、好きでない方々に心を込めてお届けします。

前回は、

算数・数学が嫌いになる理由

についてのお話でしたが、今回は、

算数・数学が好きになるメカニズム

について記してみます。

 

 

ここでちょっと質問です~

みなさんが、

算数・数学のちょっとした難問に挑戦

したとします。

 

 

 

・・・えっ、挑戦しないって?

なるほど・・・ でも、そこんところはちょっと曲げていただいて(笑)

 

あなたは算数・数学の難問に挑戦しました

そして考えて考えて、考え抜いて、3日間!そして、4日目の朝、

な、なんと答えがヒラメキ💡ました―

そして見事「正解」!!!!!!!!!!!!!!!!\(^o^)/

「大きな花丸💮」をもらいました!

・・・・・・とすると、どうでしょうか?

 

あなたにどんな変化が起こると思いますか?

ん?そんな想像は難しいって・・・?

では、例え話でいきたいと思います。

 

あなたが家族のみんなのためにトイレ掃除をしたとします。

綺麗になったトイレを見て、家族全員が大喜び!

あなたは褒められ、ご褒美にお小遣いをもらいました!

どうですか?なんか想像するだけでハッピーですよね。

笑顔も溢れ、あなたは達成感や充実感で満たされ、

十分に幸せを感じるはずです。

 

実は、算数・数学の問題で正解を繰り返すと、

脳内でこれと同じ状態が起こっていることがわかっています。

脳の中にβ₋エンドルフィンという

「幸せホルモン」がドバッと出るのです!

幸せホルモンが分泌されることにより、

とても“快感”を感じて最高に幸せな気分になれるのです。

 

その“快感”を何回か経験すると「はまる」んです!

これは、ほぼ例外なく全員の人がそうなるのです。

まさに、

算数・数学によって生きる力が自然と湧いてくる

のです!

 

私は、当教室で

算数・数学によって元気になった子どもたち

沢山見てきました。

当の本人も知らず知らずのうちに、元気になっているのです。

 

では、この

「幸せホルモン」に出会える学習法

についてお話します。

 

その学習法 “その一”は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わかるところからスタートする!

コレです。

 

どこが分かっていて、どこがわかっていないのか

という「現在地」を知ることが、算数・数学ではとても重要です。

 

「現在地」がわからないまま学習をしても、

すぐに行き詰まってしまい「迷路に入り込む」

ことになってしまいます。

 

 

そして“その二”は・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わかる問題を組み合わせた挑戦問題に取り組む

です!

 

算数・数学の問題は、一見複雑に思う問題でも、

実は基礎的なものが組み合わされてできている

ということが多いのです。

 

ですから、

わかる + わかる =できる!となれば

「幸せホルモン」がドバッ~となるのです。

何かに挑戦して、それをクリアーできると、とにかく嬉しいのですね。

それが、私たち人間なのです。

 

ここからの内容も少し説明が必要ですので、今回はここまでにします。

 

 

4つの方法を駆使して英単語を覚えよう!

皆さんこんにちは、スタッフの粟野です!

秋もすっかり深まり、気付けばもう冬ですねえ…。

この間旅行に行ったときには、

ほんの少しだけ紅葉が色づいていて綺麗でしたよ✨

さて、今回は

「単語のいろいろな覚え方」

をご紹介したいと思います♪

以前にも少しご紹介しましたが、

今回は覚え方をさらにたくさんご紹介しますよ!

なかなかスペルが身につかなくて困っている方、必見です✨

 

①絵を組み合わせて覚える

パッと見たときに

「この単語、絵にできるかも?」

と思ったら、実際に描いてみちゃいましょう♪

上手に描けなくても大丈夫です!

 

例えば…rabbit(ラビット・うさぎ)

aunt(アーント・おば)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②発音と対応させて覚える

 

絵にしづらい単語もたくさんありますよね。

あるいは、絵では覚えづらいという人

もちろんいると思います。

 

そんなときは、

発音と対応させて覚えるのも効果ありです!

ポイントは分かりやすく、なるべく細かく区切る

ことです⭐️

 

dictionary(ディクショナリー・辞書)

 

 

 

分かりにくい部分に色をつけて分かりやすくしてもOK!

 

 

例えば、「iは青、cは黄色、rは緑」などと決めて、

どの単語でもその色でチェックするようにすれば、

色で記憶することもできますよ♪

 

 

③単語の組み合わせで覚える

 

②に似ていますが、

単語の中にさらに単語が入っている場合があります。

例えば、mother(マザー・母)

 

 

 

the(ザ・その)が入っていますね!

ここに注目すれば、グッと覚えやすくなると思いませんか?

 

 

④思いつくことをメモする

 

さっき出てきたmotherという単語、

”mo”を”ma”にしてしまうミスが多いんです。

 

ところで…皆さんのお母さん、

よく「もお〜〜💢」って言いません?(笑)

そんな些細なことでも、思いついたらメモしちゃいましょう♪

なんだか覚えられそうな気がしませんか??😆

 

もちろん①〜④を組み合わせてもOKですし、

ここに紹介した以外にもいろいろな覚え方があると思います。

ぜひ柔軟な発想で、様々な方法を試してみてくださいね♪

ここを鍛えてピッチもストライドも向上!超重要な筋肉はここにもあった!

このブログは、

「速く走れるようになりたい」

「走るのが苦手」

そんな方たちにお届けします。

 

こんにちは!SeedsAPPのスポーツ担当、陸上競技部ヲタクの伊藤です!

以前のブログで、

腹筋を鍛えれば必ず速く走れるようになる!

という内容のブログを書きました。

 

腹筋は最重要筋肉であることは間違いありませんが、

速く走るうえで

「ピッチ」にも「ストライド」にも関係する、

ある筋肉があるんです。

 

それはどこかと言うと…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腸腰筋(ちょうようきん)、という筋肉です。

 

これは、腰椎~骨盤、太ももにつながっている、

「脚を上げるための筋肉」なんです。

 

ここを鍛えることによって、

脚を速く上げたり、脚を高く上げたり

することができるようになるんです!

 

脚を速く上げられればピッチも向上しますし、

脚を高く上げられればストライドを広げることも

できるようになります。

 

第一線で活躍する選手たちは、

この腸腰筋が非常に発達しており、

一般人の倍以上の太さにまで発達している選手もいるのです。

 

ちなみに、日本人と比較して、

海外の選手は筋肉が発達しやすい傾向にあります。

以前テレビ番組で、

世界トップレベルの選手と日本トップレベルの選手の

腸腰筋を比較した結果、

大きさがまるで違っていたという発見がありました。

やはり、この「腸腰筋」が、速く走る事につながって

いることがわかりますね。

 

ここまで、腸腰筋について話をしてきましたが、

「どうやって鍛えるの?」って話ですよね。

 

腹筋の鍛え方はなんとなく知っている方も多いかと思いますが、

腸腰筋なんて言葉を初めて聞いた方がほとんどなのではないでしょうか。

 

家でもできる、今すぐできる、簡単なトレーニングを紹介します。

 

①普段より大股で歩く

えっ、これトレーニング?と思うかもしれませんが、

立派なトレーニングです。

大股で歩く

→歩幅を広げるには脚を高く上げる必要がある

→腸腰筋が鍛えられる、ってわけです。

写真のように、体をまっすぐにすることを意識してみましょう。

また、立ち上がるときにも、体を前に倒すことなく

まっすぐと立ち上がることで、お尻の筋力や腿の裏の筋力の

向上にも効果的です!

 

 

②階段を一段とばす

これも上と同じですね。階段を一段飛ばしにすれば、必然的に脚を高く上げる必要があります。

 

③レッグレイズ

直訳すると「脚を上げる」です。写真のように、

 

①仰向けに寝て

 

②脚を伸ばした状態で上げ下げを行なう

③脚を下す際は、地面に脚がつかないように

最初のうちは、20回×3セット位を目安にすると良いと思います。

 

速く上げてゆっくり下すことで、

より効果的にトレーニングができます。

 

また、慣れてきたら

回数を増やしたり、重りを付けてみても

いいかもしれませんね。

 

どこを鍛えているか、

このトレーニングで何が得られるのか

を意識して、練習に取り組んでみてください。

徐々に効果が出てくるはず!と言うことで、今回はここまで!

ブログの内容は動画でも紹介していけるようにと

考えていますので、お楽しみに!

発声練習を通した英語の学習~英語力UPへの近道~

こんにちは!スタッフの粟野です。

この間、すごいケーキをもらいました!🌈

美味しかったです✨

 

さて、今日も英語学習のポイントをご説明しようと思います!

皆さんは、発音の練習ってしていますか??

ほとんどしない、という人も多いかもしれませんね。

 

確かに発音ができなくても、

スペルや意味を覚えておけばテストでは

ある程度得点できますよね。

 

でも、発音を練習することで、

・英語を体感的に理解する

・リスニング力・スピーキング力を向上させる

ことができます!

 

まずは以下の文章を見てください。

What would you like to drink?

 

「何を飲みたいですか?」と問いかけている文です。

文法的に解説するなら、

 

「疑問詞whatが先頭に来て、

would like toで「〜したい」という意味になって…」

 

と、理解しなければいけないことがたくさんあります。でも、

文法的な説明を覚えられない…

という人もいますよね。

 

そんなときは…。

一文まるごと、発音で覚えましょう♪

といっても、

「ワット ウッド ユー ライク…」

と、カタカナで覚えるのではありません。

 

実際にネイティブが発音しているのを真似して練習

するんです。

 

Googleで文章を入力して検索すれば、音声を聞くことができますよ!

What would you like to drink? なら、

「ワッ ウッジュー ライクトゥ ドゥリンク?」

のように聞こえます。

 

上手くできなくても構わないので、

何度も練習してみましょう。

 

すると、

単語と単語がくっついて別の発音になっている

ことに気付くはずです。

“would you”のところですね。

また、

前の“what”も「t」の音が消え、「ワッ」という発音

になっています。

 

難しいようであれば、

その部分だけ「ワッ ウッジュー、ワッ ウッジュー…」

と繰り返して練習すれば、しっかりと定着しますよ♪

 

また、発音するときに

「自分が何を言っているのか」意識する

のもポイントです。「何を飲みたいですか?」と

問いかける気持ちで、発音してみましょう。

 

以上の練習をすることで、

英語を日本語のように、体感的に理解する

ことができます。

リスニングやスピーキングの練習にも最適ですよ!

 

様々な文章で練習することで、だんだん英語の構造が見えてきます。

皆さんもぜひチャレンジしてみてくださいね♪