【ご報告】避難訓練を実施しました

5月19日(木)、フリースクールSeedsと通信制高校サポート校の

Seeds学院高等部の、合同避難訓練を実施しました。

みんな真剣な面持ちで、緊張感を持ちながら参加することができました。

いつ起きるかわからない災害だからこそ、普段からの意識が

とても重要ですね。皆さん、お疲れ様でした!

【ご報告】Seeds学院高等部の入学イベントを実施しました

令和4年4月9日(土)、SeedsAPPの運営する通信制高校サポート校、

Seeds学院高等部の入学イベントを実施しました。

満開の桜とともに迎えた高校生活のスタートは、

期待と不安の入り混じることかと思いますが、

ぜひSeeds学院で、楽しく自分らしく高校生活を

充実させていってもらえたらと思います!

なお、今週はオリエンテーション期間。

来週から本格的に始まる高校生活に向けて、

しっかりと準備を進めていきましょう!

【ご報告】卒業イベントを実施しました

3月19日(土)、当団体の運営する通信制高校サポート校、

Seeds学院高等部の卒業イベントを実施しました。

今年は2名の生徒が高校を卒業を迎え、保護者・在校生・職員が

暖かな雰囲気の中で送り出しました。

今後は、高校生ではなく一人の大人として活動をしていくことと思いますが、

卒業後もSeedsAPPは皆さんを心より応援しています!

ご卒業、おめでとうございます!

Seeds学院高等部の体験入学を実施しました。

12月18日(土)、当団体の運営する通信制高校サポート校、

Seeds学院高等部の体験入学を実施いたしました。

レポートの作成体験やSeedsタイムの英語クイズなどに取り組んだほか、

トランプやUNOなどで交流するなどし、参加者の皆さんの

楽しそうな顔を見ることができました。

Seeds学院での自分らしい高校生活を思い描くきっかけになれたら幸いです。

私、速く走れないんです…→それ、当たり前ですよ!?実にシンプルな2つの理由

このブログは、

「速く走れるようになりたい」

「走るのが苦手」

そんな方たちにお届けします。

 

こんにちは!SeedsAPPの暑苦しい担当、伊藤です!

今回は、速く走れない理由について、

実にシンプルに解説し、解決していく方法を伝授したいと思います。

 

「自分は走るのが遅い」

「速く走れるようになれない」

 

という言葉をよく耳にします。

 

走ることはスポーツの基本ですので、

速く走ることができないというのは、スポーツをする上で

かなりコンプレックスになってしまいがちです。

 

では、なぜ「速く走れない」のでしょうか。

 

才能?いえいえ、決してそんなことはありません。

 

実はとてもシンプルな理由が2つあるのです。

 

それは何かというと…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「走り方を教わっていない」

「自分の動きが把握できていない」

 

この2つです。

当然のことのように感じるかもしれませんが、

スポーツと教科学習の大きく異なる点がコレです。

 

学校では、それぞれの教科の授業で、

計算方法や文法、社会の仕組みや植物の成長など、

身につけるべき内容が具体的になっています。

単元ごとに分けられたこれらの内容を教わって練習をしていくことにより、

個人差はあれど、だんだんと身についてくるものですよね。

 

ところが、

速く走る方法を、しっかり教えてもらった記憶

って、ない方がほとんどではないでしょうか。

 

盲点ですよね~、速く走ることが苦手な理由が、

実は「教わったことがないから」なんて理由(笑)

 

学校の授業では、速く走れるようになることも、

一応目標に入っていますが、あまり教えられることはありません。

(理由は様々ありますが、ここでは省略します。別のブログで書くかも?)

「はい、走って!」と言われれば、走ることはできますよね?

人間の発達段階いおいて、自然と「走れる」ようになっているからこそ、

学校で「走り方」をあえて学ぶ機会と言うのは、

そもそも少ないのが事実です。

球技を通じて空間の作り方を学んだり、

器械体操を通じて身体の調節力を学んだりもそうですが、

体育の授業の中で身体を動かす(運動する)時間を確保して、

子どもたちの体力を向上させることが大きな目的

となっているからです。

学習指導要領でも大きな目的の一つとして定められていますからね。

 

なので、

教えてもらったことがないんだから、

「今は」速く走れなくて当たり前なんだ!

 

と、今日から自信を持って開き直ってください。(笑)

難しいことは抜きにして、速く走れるようになりたい!

という人はコチラのリンクをクリック↓

速く走りたいならココを鍛えろ!中1男子が故障期間の3ヶ月で100m走の記録を2秒更新した驚きのトレーニング

 

では次に、

「自分の動きが把握できていない」

とはどういう事でしょうか。

 

これは、1つ目の理由と繋がる部分もあります。

学年全員の身体の成長・発達具合を同じと想定したとしても、

走るのが速い人とそうでない人では、

走る際のフォームは明らかに違います

 

自分がどんな走り方をしているのか、

どこを直さなければいけないのかを把握していなければ、

改善することは難しいですよね。

 

勉強でも、何がわかっていて何がわからないのかを

明確にしたうえで勉強することで、理解度が格段に向上しますよね?

それと同じです。つまり、

「脚が速くなりたい」

「速く走れるようになりたい」のであれば、

 

自分がどんな動きをしているのかを把握し、

どう改善していけばよいのかを教えてもらい実行する

ということが必要なのです。

 

他の教科に関しては、

普段の授業や筆記試験で、

苦手とするところは間違いとなり、

「ここを間違えたのか」

「これが苦手なのか」と

苦手をはっきりと目で見ることができますし、

それをもとに具体的な対策をすることができます。

計算が苦手な子がいれば、おはじきなどを使って数える練習から

入ることができますし、

漢字学習が苦手な子がいれば、

なぞり書きをしたり何かの形に当てはめたりして考えたりするなど、

段階に応じた学習方法が取り入れられていることかと思います。

 

ただ、体を動かすことについては、

自分で自分の動きを見たり、そこから

具体的な苦手の要因を把握したりするのは難しいので、

自分の動きを撮影したり、

走り方を指導してもらったりする必要があります。

 

アドバイスや映像をもとに練習をすることで、

自分の動きを改善し、速く走ることができる

ようになってくるのです。

 

いかがでしたか?

「言われてみれば確かにそうだ」

と思ってもらえたら幸いです。

 

走り方を教えてくれる人が身近にいれば、教わってみるのもいいですし、

このブログや今後配信を予定している動画などを通じて、

身につけていってもらえたらとも思います!

今回はここまで!それでは次回をお楽しみに!